政策#1 南予地域の持続可能な発展

1、首都機能の南予への一部移転や地方交付税の増額を通じて東京一極集中を是正し、平成の市町村合併による行政エリアの拡大に見合った形での市町村の財政力を強化します。


2、樹園地のスプリンクラー網や農道・作業道などの多重被災について、災害原因を究明し復旧を進めるとともに、継続的なクラック調査やため池の安全チェックなど、被災直後に限らない、持続的な防災・減災対策を徹底的にに進めます。水に浸かった地区の復旧のみならず、現状放置されている山の谷筋の決壊など、次の災害原因になりかねない箇所の洗い出しを行い、迅速に対処します。


3、デマンドバス、乗り合いタクシーを充実し、お年寄りの足を確保するとともに、予土線をはじめとする故郷の鉄路を守り抜きます。

政策#2 災害対策

1、事前復興の考え方で、川底の掘削や砂防ダムに貯まった土の排出をはじめ、防災施設のメンテナンスを徹底するなど、インフラの総点検、市町村職員の増員、災害情報の確実な伝達システムの構築、防災講座・訓練による住民コミュニティの強化を通じて、大規模自然災害に対する防災・減災対策に万全を期する体制を構築します。


2、配水池の防護対策はもちろん、野村ダム水系と鬼北・松野水系といった複数水系の確保など、広域的な水のバックアップ体制を整え、災害時の水確保に全力で取り組みます。

3、南海トラフ大地震などに起因する万一の原発事故に備えて、まずは放射能の拡散シミュレーションを踏まえて避難経路の確保と避難訓練を万全にした上で、使用済み核燃料棒の安全管理に最優先で取り組みます。子供の内部被爆を防ぐためのヨウ素剤の管理と配備を徹底します。

政策#3 南予地域のミライをひらく

1、大学や公設試験研究機関と連携し、赤潮対策などを通じた水産業の振興や世界農業遺産を目指す柑橘農業、豚などの畜産業といった一次産業の徹底応援、良好な居住環境を売りにIT企業を誘致する「創造農村」化構想など、地元のアイデアをつなぐ体制作りに邁進し、南予の基幹産業を育て上げます。

2、不足する労働者を補う為、外国人労働者の受け入れを円滑化し、多様な文化的背景を持った人々が地域に溶け込み、南予地域の豊かな歴史文化を守り発展させるまちづくりを推進します。

3、太陽光や地熱、風力発電、マイクロ水力発電など、原発に代わる総合的な再生可能エネルギーを確保し、産業化するとともに、原発で働く労働者の雇用と誇りを全力で守り抜き、廃炉技術の愛媛移転を進め、廃炉ビジネスの確立につなげるなど、新たな産業をおこします。

その他の政策

年金崩壊問題
安心して暮らせる生活を創るために。
奨学金という借金。
家庭の所得格差で失われる
学習機会の消失を防ぎたい。
殺処分日本一の愛媛県で、失われる命の連鎖を止めたい。
殺処分日本一の愛媛県で、失われる命の連鎖を止めたい。

事務所・政治団体情報

ながえ孝子事務所
政治団体『青空えひめの会』

住所:〒790-0951 愛媛県松山市天山1-10-25
TEL :089-909-4668
FAX:089-913-0263
http://nagaetakako.com/