この殺処分を減らすために、
みなさまと一緒に
取り組まさせてください。

ながえ孝子

1960年松山市に毛糸店の三女として生まれる。
松山東高等学校、神戸大学法学部卒業。

2009年、衆議院選挙に比例当選。国会では、教育・地方自治分野で活躍。震災をうけて学校の耐震化工事の推進などの実績を残すも、その後落選。 
背負った318561票を大切にし、政治活動を県内一円で実施中。

ペットの殺処分日本一を、みなさまと一緒に解決していくことを目指しています。

命のタイムリミット

保護されて殺処分されるまで約1週間

愛媛県内の保護施設に持ち込まれた犬、猫達。保護された日から殺処分されるまでの時間は限られており、それまでに引き取り手が見つからなければ殺処分となります。

処分の連鎖を防ぐためには行政だけでは限界です。

犬、猫の殺処分を減らすためには、行政だけでは限界があります。
行政は持ち込まれる犬、猫の殺処分でも大きな業務負荷が発生しています。新しい飼い主を探す。というところまでに手が回っていません。
命を防ぐためには、皆様のチカラが必要なのです。



犬、猫の殺処分日本一を解消するために、
みなさまのお力をお貸しください。

  • 終生飼養
    飼い主が犬や猫などのペットの生涯を面倒見る。という強いモラルの育成。気軽に飼育するのではなく、マイクロチップなどの登録制度などによって、生涯の面倒を見るという飼い主しか、飼育をしてはいけない制度の構築などが必要です。
  • 犬、猫のボランティア団体への支援 【保護された犬や猫のマッチング】
    飼い主不明の保護犬、や猫を飼育してもよい方のマッチングする場を民間と行政が連携して進めることで、殺処分数は減らすことができます。ボランティア団体が愛媛県内でも必死に活動してくれていますが、そのボランティア団体の方々は自己負担で活動されている方が大半。ボランティア団体への支援と協力、そして一緒になって取り組むという姿勢により、救われる命が増えます。
  • 避妊手術の取り組み
    犬、猫を飼育されている方への100%の避妊手術の実施。そして飼い主不明の個体に対して、保護して避妊手術を実施していく。という根幹対策が必要です。
    地域で飼われている室外猫などへの不妊手術を地域と行政が一体になって進めることが大切です。

  • 保護動物のWEBでのマッチング
    保護された犬や猫を速やかにWEBで里親募集できるデジタルでの取り組み。それにより、犬や猫を欲している方との時間ロスの解消を目指します。この仕組みを機能されるためには、保護動物の掲載を支援してくれる力が必要なのです。
  • 終生飼養
    飼い主が犬や猫などのペットの生涯を面倒見る。という強いモラルの育成。気軽に飼育するのではなく、マイクロチップなどの登録制度などによって、生涯の面倒を見るという飼い主しか、飼育をしてはいけない制度の構築などが必要です。

撮影日 2019年5月

飼い主に出会えず殺処分された猫

命のメモ
保護された日と
処分予定日が記載されている。

病気の猫
病気を抱えている猫の里親が見つかる可能性はほぼ、現状はゼロに等しい。

政治団体・政策ページへ

全ての出会いをチカラに

ながえ孝子の政治活動を支えるために、愛媛県の市民有志によって設立した、青空えひめの会サイトへ。

詳細へ

奨学金という借金。
家庭の所得格差で失われる
学習機会の消失を防ぎたい。

詳細へ

年金崩壊問題
安心して暮らせる生活を創るために。

詳細へ